私は以前、グループ内の建設会社に出向していたことがあります

もっと知りたい!会計の仕事

ビジネス会計検定にチャレンジしたこと

私は以前、グループ内の建設会社に出向していたことがあります。所属は総務であって経理ではなかったのですが、建築だの土木だの現場部門が多くの人員を占める会社にあって管理部門の人員は手薄。自己の多能工化を目指すべく、「建設業経理事務士」の資格取得に取り組みました。
建設会社ですから、受験料はもちろん、試験対策講座の受講料なんかも会社が負担してくれたのは有難かったです。建設業経理事務士は1級〜3級があるのですが、自分は日商簿記2級まで取得していたので、まず2級からとりにいきました。結果は即合格。
翌年、1級にチャレンジしました。単に「簿記」ではなく、いわゆる財務諸表論、会計学というような論文試験も1級には出ます。まあ口先三寸でごまかすのは得意でしたからこの辺はできましたが、税効果会計だの連結決算だの極めて高度な技術まで要求されなかなか理解できませんでした。結局、1回落ちて、再チャレンジした翌年にようやく1級合格を手にしました。その後にビジネス会計検定もチャレンジして、今は3級を合格しました。
しかし、その合格発表のわずか1か月後、人事異動が発令され、私はその建設会社を去ることとなり、建設業とも経理とも関係のない部署に転出することとなりました。