俺の周りの公認会計士試験チャレンジ体験談として、

もっと知りたい!会計の仕事

公認会計士試験チャレンジ体験談

俺の周りの公認会計士試験チャレンジ体験談として、俺が知っている人では、お父さんが会計(経営)事務所をやっていて、そこの息子さんが公認会計士試験にチャレンジしていたようです。

噂に寄れば公認会計士の試験は難しく、試験の合格率も平均して20パーセントくらいだと聞きます。
その難関に挑戦しようというのですから、さぞ大変だったと思います。

その息子さんは、たまに我が家にお客として来てくれる程度なので、詳しい話は出来ませんでしたが、一生懸命に勉強していたようです。

実務経験も必要だと言いますが、誰でも取得できるような資格ではなさそうです。

公認会計士試験の合否などの結果は聞いていませんが、現在、会計(経営)事務所に勤務しています。

公認会計士は監査業務を主に行っているようですが、財務諸表をチェックして、大きい企業などが正しく行われているか確かめる職業なのだと思います。

また、公認会計士が税理士として登録ができるのも納得できます。

俺の息子にも公認会計士になって欲しいけど、狭き難関があり現実は難しそうです。