学生の時からずっと税理士や公認会計士などの資格を取って、エリートコースに進もうと考えていました

もっと知りたい!会計の仕事

おすすめの参考書

私は学生の時からずっと税理士や公認会計士などの資格を取って、エリートコースに進もうと考えていました。

まずは簿記3級などの簡単なものからトライしました。噂では簡単に誰でも合格できると聞いていたので、いい加減な気持ちで勉強しました。

その結果 、不合格だったのです。参考書を読むと退屈してしまうし、分かりにくかったのだと今となっては思います。

その後すぐに本屋に行って参考書を吟味しまくりました。その結果ある事に気がつきました。

本を出しているだけの会社が作った参考書は分かりにくく、専門学校などをだしている所が出している参考書はすごく分かりやすいのです。

という事で私は、地元でも有名な大原簿記の参考書にしました。めちゃくちゃ分かりやすくて楽しく勉強できました。結果はもちろん合格です。

そして大学を卒業してから税理士を本格的に目指すことにしました。毎日ではありませんが、大原簿記に通って勉強したのです。もちろん会計学の参考書は大原のものです。簿記の時に実感したので、安心して取り組むことができました。さすが大原って感じです。

結局、全科目合格するまでに何年もかかったのですが、他の本を選んでいたら、もっと時間がかかっていたと思います。

だから私は会計学の本は、大原をオススメしたいとずっと思っています。もちろん後輩にもすすめていますよ!